ひがしむらやま551// 
2017/07/06 (Thu) 103系と久しぶり対面

DSCN1284.jpg

名古屋から関西方面の出張に行った際、たまたま103系と巡り合えました。
103系といえば関西でもそろそろ終焉か、、というニュースを見ます。
どれだけ減っているかは、遠くの出来事なので実感できませんが、
実際「思ったよりは生き残ってるな」と感じました。

関東人からしますと、まだ動いているのが不思議なくらいの車です。

DSCN1299.jpg

しかも、並んだ姿がいつでも撮れるという凄さ。
うぐいす、いい色ですね。

103系、関東で最後に乗ったのは、はたして武蔵野線が最後であったか。。
特にうぐいす色の103系は八高線以来の乗車かもしれないです。

DSCN1297.jpg

運転席がとってもアナログ。

DSCN1293.jpg

1編成で良いから、、動態で残らないかな~。
103系の音は消してもらいたくないですね。

JRと他私鉄 | trackback(0) | comment(8) |


2017/06/27 (Tue) 京成の3600形 1駅乗車体験記

KIMG2757.jpg

仕事で時々乗車する都営浅草線。
とくに興味そそられる車両がないので いつも無心で電車に乗っているのですが、
この日は、快特を待っていると1本前の西馬込行きに目が留まりました。

いつもならスルーなのですが、車内を覗いてみると、なぜか乗りたい気分に。
乗っても遅刻しないので、とりあえず乗る事に。

後から調べると、京成の3600形という電車らしいです。

この日まで、顔は知ってても形式すらしらなかった3600形。
DSCN1082220


どこかロボット顔で、暖かく懐かしい化粧板の車内。
最後部に乗ると、西武で言う101系のような、乗務員室のすぐ後ろに3人掛けの短いロングシートが。

さらにwikiで読んでみると、リニューアルがほぼされずに今日まで来たようです。
だから懐かしさを感じるのかな。

化粧板、チョッパー音、CP音、乗務員室が間近のシートポジション。
昭和の電車の特徴が生き残っています。
この電車も近年廃車が発生しており、8連は5本のみ稼働。
今後、新車導入に伴い優先的に潰されるだろう形式だそうです。

DSCN1081.jpg

都営新宿線にも暖かい化粧板の電車がありますが、都営よりこっちの方がいいかも。
都心のど真ん中、本線の優等でもまだ昭和なヤツが残っていると安心します。

この日、わずか1駅(三田-泉岳寺)でしたが、今度も機会があればちょい乗りしてみたいところです。

JRと他私鉄 | trackback(0) | comment(3) |


2017/06/19 (Mon) 1番線が無くなる

DSCN1020.jpg

久しぶりに東村山駅で写真撮影。
1ヵ月経つとどんどん変わります。

まず、1番線。

無くなっちゃいました。

DSCN1044.jpg

DSCN1030.jpg

1・2番分岐のポイントが無くなり、国分寺線の慣れ親しんだジョイント音が同時になくなりました。。

DSCN1022.jpg

そして、屋根の一部が交換され、だいぶ空が見えるようになりました。
DSCN1033.jpg

細かいところですと、3番線(昔の3番線)の上にアスファルトが。
DSCN1026-2.jpg

これは地下改札化の絡みでしょうか。
DSCN1036.jpg

そして、この建機がすごい。
合体したかのような形貌。
DSCN1041.jpg

何がすごいって、この足の張り方。
この建機のリースは1日いくらするのでしょうか。。

グレーなので 「ねずみまる」 と名前を勝手につけてみます。
DSCN1043.jpg

この「ねずみまる」を駆使した工事が本格化するのでしょう。
駅舎も遠くない日に解体されそうです。

軽くネットで調べましたら、このクレーンは400トン超えの能力あるかもしれないです。
そして値段10億円ほど。 すごいすごい。。



    ~おまけ~
52席の至福で歌っていたシンガソングライター・谷修さんのライブに行ってきました。@江古田Buddy
今回は「ミノホドシラズ」 バンドとのコラボ。
DSCN1016.jpg
「ミノホドシラズ」 は西武鉄道社内では有名なバンドかもしれないですね。
なにせお二人ともが、西武鉄道の管区長。
なんて楽しそうな職場だ。。

Y本さんの歌声を今回はじめて聴いたのですが、本当に渋くて驚かされました。 

それにしても音楽って良いですね。
ギター弾ける男子はカッコよくてズルいなって思った次第です。

変わる東村山駅 | trackback(0) | comment(4) |


2017/06/13 (Tue) 都内最後の吊り掛け

DSCN0962.jpg

先日引退をした7000形車両、なんとか最後に乗り合わせる事ができました。
都電イベントの2日前でした。

東京都交通局の運用サイトで7022が動いていたので、会社帰りに大塚駅へ。
僅かな区間でしたが都内最後の吊り掛けの時間を、体で確認しました。

ここ1年、都電にあまり乗らなかったのですが一気に新型が増えてきたのですね。
あまりに早い淘汰に、未だに信じられない感じです。

DSCN0956.jpg

久しぶりに乗ると少し古さを実感。
引退を惜しむ方が数名乗られてます。

DSCN0970.jpg

赤帯よりも青帯が好きでした。理由は、黄色い色が渋いから。
ニコンのコンデジだと少し鮮やかに写ってしまいますね、、本当はもっと落ち着いた色。

DSCN0975.jpg

沿線の方は「あの音」が聞けなくなるのは寂しいでしょうね。
吊り掛けは花電車がまだあるにはありますが、果たして走る日が来るのであろうか。。

JRと他私鉄 | trackback(0) | comment(4) |


<< back | TOP | next >>

プロフィール

KUSU

Author:KUSU
21世紀も西武の赤い吊り掛け電車に恋するブログ。
赤電本線現役をギリギリ知ってる世代です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールはこちらから

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

バナーです↓ bn-551.jpg   西武時代の553Fの写真がございましたら、是非ご提供お願いします。