FC2ブログ
ひがしむらやま551// 
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2018/05/15 (Tue) 上り方跨線橋が消える

L1730549.jpg

東村山駅の高架化工事が着々と進んでいます。
3月に上り方跨線橋が撤去され、下り方は支柱が増えて高架の実感が増すばかり。


_EPS0440.jpg
少し前N101系が入線して話題になりました。
出来たら近江鉄道仕様のN101を多摩川線に返すまでこの路線に入らないかな~と。
とても狙いやすい運用ですし、写真もバンバン撮れます。
水色の車体を東村山で撮りたいです。。

L1730545.jpg
こちら上り方。

「あれ?なんかスッキリしたな。」
「・・・あ、跨線橋がないよ!!」

あれこれ変化が著しいので変化に気付くのにワンテンポ遅れます。
3月には無くなったそうです。


~おまけ~

先日、自転車無しでBBBASEに乗ってきました。
少しSFチックでお洒落な内装です。洗面台の配置の仕方など、かなり現場の意見を取り入れているような印象。
L1730500.jpg
固定できる自転車はかなり制約あります。実用車、ママチャリ、電動チャリなど全部不可でございます。

L1730503.jpg

窓の埋められた車両は、検測車のよう。

L1730491.jpg


L1730521.jpg


209系は10年寿命でデビューしましたが、既に25年。
ボディーは大丈夫なんでしょうか・・?
この電車が出た当時はバブリーでした。215系と901系で新時代を感じたものです。


ここからの乗り継ぎで、房総をほぼ一周したのですが乗った電車が全て209系。
ローカル地域で、この電車のロングシートはかなり辛いですね。
この209系も置き換えが決まっているので、地元の方はもう少しの我慢。


L1730506.jpg


しかし、千葉の房総半島は喉かです。
ひばりやツバメの声と蛙の声、駅前の水田。
この時期特にいいですね。

JRは房総観光列車がないので、遊ぶなら里山トロッコや伊勢海老特急ですね!

変わる東村山駅 | trackback(0) | comment(8) |


2018/05/05 (Sat) まだ居る練馬行き

DSCF2425.jpg

豊島園からの最終電車は「練馬」行き。
ダイヤ改正の度にこの電車が存続するのか気になってましたが、まだまだ無くならず走っております。

DSCF2420.jpg

私の世代ですと、練馬行きは本線運用で普通にあったのですが、今は1日に1本しかないのが続いてます。

その1本が終電なので、「撮ってやろう!」と言う気持ちには なかなかなれないのですが、たまたま機会が巡ってきたので行ってきました。

DSCF2431.jpg

家の冷蔵庫にメモを残して、池袋線へ。
終電撮ってきます、、。 一般の方には到底理解できない行動です。


DSCF2429.jpg
こちらが練馬行き。
LEDだと有難みが少ないもんですね。。

深夜の豊島園からたった1駅なのに、案外乗客が居りました。
ほぼ0人なのかと思いきや、30人近く乗っておりました。

できれば2000系、もしくは練馬グリーンの999編成がよかったな~と思いながら。。
そもそも8連だと幕車が来ないのが残念です。

LEDは、豊島園に侵入する時点で「練馬」表示になっているのですが、
終点練馬に到着するときには「回送」表示となる電車なので、基本的に豊島園でしか撮れません。


さて、別件です。
来月6/17(日)に元西武電車を使った貸切団臨があります。
いつもの団体幹事の一人が発起人となって行うものですが、主幹事さんの諸事情でネットでPRをしておりません。
もし「!!」となった方、私に個人的にメールをお願いします。詳細お伝えします。

※こちらのコメントに非表示として書き込みして下さっても同様に詳細返信致します。
※その際メールアドレスは必ず入れて下さい☆お願いします。

西武鉄道一般 | trackback(0) | comment(8) |


2018/04/28 (Sat) 遠鉄モハ25号ラストラン

DSCN2320.jpg

浜松の遠州鉄道、モハ25勇退の特別列車に乗ってきました。
2018年まで残った吊掛け、その最後の1本がなくなるとあって大勢のファンが集まっておりました。

_EPS0415.jpg

録音機やマイクを持った人が多いと思いきや、普通にデジカメ組が一番多かったです。
出発直後、吊掛け音が鳴り響くと「お~」なんて声を出す人は一人もおらず、みなさん無になったかのような表情でその音を噛みしめているかのようでした。
DSCN2336.jpg
特製のヘッドマークが付けられておりました。
行先表示は、臨時表示がないのか、幕が破れるのを怖がったのか、通常の幕で走っておりました。
DSCN2337.jpg

車内にはモハ30形の歴史を振り返る写真と、モハ25の昔の写真が。
遠鉄ってこんな塗装の電車があったとは知りませんでした。
DSCN2312.jpg

この編成は1978年生まれで、私と同じ年。なんだか親近感を感じるとともに、今月で勇退というのが寂しい限りです。
DSCN2311.jpg

乗っていた側なので、沿線写真がありません。。駅撮りばかりです。
_EPS0421.jpg

_EPS0413.jpg

_EPS0422.jpg

吊掛けで電制時も唸るという独特な電車ですが、案外マイルドな音です。
乗るのがかなり久しぶりでしたので、前の記憶が薄れていたのですが「こんなに軽い吊掛けサウンド?」と思うほど。
西武の吊掛けと比べたら、まだ都電や江ノ電に近いくらいのライトな音でした。

あと2日ラストランがあるので、最後まで無事に走り終えてもらいたいです。

JRと他私鉄 | trackback(0) | comment(6) |


2018/04/21 (Sat) 赤とツートン

DSCF2297.jpg

これまで味気のない真っ白電車で統一されていた多摩川線。
赤電とツートンが毎日走るなんて想像もしていなかったです。
249Fが輸送されてから最初の土日。運よく両方運用に就いておりました。

DSCF2309.jpg

このカラーの電車は、屋根の無いホームが似合います。

DSCF2328.jpg

北多摩、、ではなく白糸台の駅はローカルで良いですね。

DSCF2324.jpg

競艇場に行くと向かいのホームにボートが!
さすがに妙な光景です。

DSCF2326.jpg

DSCF2331.jpg

4月なのに28度という暖かい日でした。
少し待てば次々に懐かしいカラーが来るので、撮影がとても楽です。
なにせダイヤがシンプル。並びの計算もしなくていいので、自由に動けます。

DSCF2346.jpg

てくてく歩いていると顔見知りの方と数名すれ違いました。
赤電とツートンの並びが始まってから最初の連休なので、かなりの人が居るのかと思いきや、、自分が思っていたほどの鉄の数ではなく とてもまったりしていました。




西武鉄道一般 | trackback(0) | comment(7) |


<< back | TOP | next >>

プロフィール

KUSU

Author:KUSU
21世紀も西武の赤い吊り掛け電車に恋するブログ。
赤電本線現役をギリギリ知ってる世代です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールはこちらから

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

バナーです↓ bn-551.jpg   西武時代の553Fの写真がございましたら、是非ご提供お願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。