FC2ブログ
ひがしむらやま551// 
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2018/04/28 (Sat) 遠鉄モハ25号ラストラン

DSCN2320.jpg

浜松の遠州鉄道、モハ25勇退の特別列車に乗ってきました。
2018年まで残った吊掛け、その最後の1本がなくなるとあって大勢のファンが集まっておりました。

_EPS0415.jpg

録音機やマイクを持った人が多いと思いきや、普通にデジカメ組が一番多かったです。
出発直後、吊掛け音が鳴り響くと「お~」なんて声を出す人は一人もおらず、みなさん無になったかのような表情でその音を噛みしめているかのようでした。
DSCN2336.jpg
特製のヘッドマークが付けられておりました。
行先表示は、臨時表示がないのか、幕が破れるのを怖がったのか、通常の幕で走っておりました。
DSCN2337.jpg

車内にはモハ30形の歴史を振り返る写真と、モハ25の昔の写真が。
遠鉄ってこんな塗装の電車があったとは知りませんでした。
DSCN2312.jpg

この編成は1978年生まれで、私と同じ年。なんだか親近感を感じるとともに、今月で勇退というのが寂しい限りです。
DSCN2311.jpg

乗っていた側なので、沿線写真がありません。。駅撮りばかりです。
_EPS0421.jpg

_EPS0413.jpg

_EPS0422.jpg

吊掛けで電制時も唸るという独特な電車ですが、案外マイルドな音です。
乗るのがかなり久しぶりでしたので、前の記憶が薄れていたのですが「こんなに軽い吊掛けサウンド?」と思うほど。
西武の吊掛けと比べたら、まだ都電や江ノ電に近いくらいのライトな音でした。

あと2日ラストランがあるので、最後まで無事に走り終えてもらいたいです。

JRと他私鉄 | trackback(0) | comment(6) |


<<まだ居る練馬行き | TOP | 赤とツートン>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

マイルドな音に感じられたとのことですが、
そのように感じられたのは、台車がエアサス
だからかと思われます。
西武でも411系や551系のFS40はそんな
「澄んだ釣りかけ音」でした。
乗ったことがありませんが、近江の220系も
同じではないかと思われます。

2018/04/30 08:21 | 所長失格 [ 編集 ]


 

沿線で最後の走りを見届けてきました。
明朝新浜松から西鹿島への回送が、最終走行になります。あとはみんなの心の中で走り続けます。。

2018/05/01 01:06 | 清68 [ 編集 ]


 

こんにちは。

私は去年乗ったのですが、確かにエアサスなのでマイルド感はあったかもしれませんが、走り出し時に車体がビビるところとか、足元からも振動が伝わる感じとか、長い間経験していなかった感触を味わうことができる車輌でした。路面電車の釣りかけは確かに釣りかけの音はするのですが振動はあまり感じなかったので。

その年に故障してしまったので、今回はしっかり整備されていて、その分も静かだったのかもしれませんね。

2018/05/01 11:35 | MiO [ 編集 ]


 

>所長失格さん

エアサスの影響はあるのでしょうね。
「澄んだ釣りかけ音」というのはとてもイメージがしやすいお言葉です。

近江の220はちゃんと西武っぽい重厚な音がするのですが、今回の遠鉄モハ30はグオーンという低速での音が非常に少なく、ほぼ無いといっていいほどマイルドでした。


>清68さん

facebookにもありましたが、本当に最後の個体なんですよね。気楽に乗れるのはデハ101と琴電くらいでしょうか。あとはコデ165のような乗れない系ですね。。

時代が変わってしまいました。

>MiOさん

もしかしたら、前より静かになったのかも?!と思ってしまうほどでした。
・・そんな事は無いと思うのですが。。

ビビるような振動はなく、拍子抜けをしてしまったのでした。
まだ都電7000の低速の方がビビっと来る感じです。

2018/05/01 13:09 | KUSU [ 編集 ]


時代 

国鉄型が相次いで消えてゆく時代になって、現役吊り掛けも風前の灯火。実際に営業線で乗れるものもいよいよ、ですね。

人間の声は声帯の大きさや形だけでなく頭蓋骨にも共鳴して個性が出ると言います。
電車の音もモーターだけでなく、台車はもちろん歯車の形式(平歯車・ハスバ・山形など)とか車体の構造・剛性、さらに軌道の構造によって変わってくるのでしょう。
そう考えると昔の釣合梁式台車に平歯車の組み合わせはビビリとがなり立てる要素のオンパレードですね。
惰行時のカラカラ、カカカカッと歯車が引っかかるような音の思い出が懐かしいです。  あぁ、鉄分不足です。

2018/05/01 21:20 | ホビぽっぽ [ 編集 ]


 

>ホビぽっぽさん

こんばんは。
国鉄型が消えていきますね。
先日、ムーンライト信州がGWの間に走りましたが、189で夜行なんて、あと5年後には「なんで乗らなかったんだ!」ってなりそうですよね。

吊掛けを求めると、デハ101か琴電くらいになるかもしれないですね。コデ165は重たくていい音するのですが、乗れないですし。。
あとは一畑や近江鉄道の運転体験で吊かけを運転するって方法もあります。

2018/05/05 20:48 | KUSU [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://team551.blog42.fc2.com/tb.php/430-73ce74b5

| TOP |

プロフィール

KUSU

Author:KUSU
21世紀も西武の赤い吊り掛け電車に恋するブログ。
赤電本線現役をギリギリ知ってる世代です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールはこちらから

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

バナーです↓ bn-551.jpg   西武時代の553Fの写真がございましたら、是非ご提供お願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。