FC2ブログ
ひがしむらやま551// 
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2017/12/17 (Sun) 赤電247F撮影@多摩湖線その1

DSCF1301.jpg

いよいよ30年ぶりに多摩湖線で赤電が見られる日がやってきました。
当時はカメラなど持っていなかったので、多摩湖線の赤電を撮影しに行くのは生まれて初めて。

国分寺駅から行きました。

_EPS0235.jpg
いきなり待っててくれました。
小さい頃とはホームは違いますが、景色は一緒。
小走りがここからスタート。

_EPS0237.jpg
良い色です。
発車1分前でしたが、少し撮れました。

幼少時にも発車ギリギリで、ここで走った事を覚えてます。
乗り遅れた記憶もあります。色々と思い出します。

DSCF1296.jpg
今回からカメラを変えました。
エプソンのR-D1。
DSCF1309.jpg
シャッターチャージのあるレンジファインダー。
かなりマニアックなカメラですが、フィルムのような味のある写真が撮れます。

_EPS0241.jpg
車内では赤い色が見えるところに座ります。

_EPS0258.jpg
カーブを切って赤い先頭が見えた時の高揚感。

_EPS0242.jpg

これです。
萩山駅でのあの時の色。

_EPS0263.jpg

とにかくすごい撮影者の数でした。
西武ファン以外も多かったと思います。
若いファンには初めての本家赤電。
アラフォーより上の世代には懐かしすぎる光景。

_EPS0260.jpg
黄色い車両との並びで、赤電の輝きが増します。

_EPS0265.jpg
2往復で見送り。
今回は寒かったのと、撮影者が多かったのとあり、また近い日続きを撮ります。

■おまけの写真■
DSCF1311.jpg
帰りに駅にあったポスターをみたら、
なんとなんと、片開きドアの30000系!新鮮。

DSCF1310.jpg
東村山駅でお昼を食べたすぐあと、40000系が走っているとの情報が。
ちょうど駅に居たのでパシャリ。東村山ではじめて40000系見た瞬間でした。

西武鉄道一般 | trackback(0) | comment(10) |


<<レンジファインダーカメラで苦戦 | TOP | 赤電 新101系247F出場>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

こんばんは。

イイですね~。私も早く見たいです。

赤電は連結面がまたイイですね。連結面の窓を遠くから見るとベージュしか見えないのでイエローツートン塗装に乗っている気分も味わえますよ。

皆さんの写真を見た感じ伊豆箱根の色に近そうなので、オリジナルの色に近いのだろうと思っていますが、どうでしょうかね・・・。

351系を撮影していた頃の多摩湖線の撮影ポイントはもう使えないので、いつもの駅撮りになる予定です。

2017/12/17 22:40 | MiO [ 編集 ]


 

やっぱり赤電の撮影の目玉は萩山駅ですね。

赤電の撮影位置は…
351系は17×3=51mに対し
新101系(新2000系代走)は20×4=80m
…に、29m停車位置は変わった以外は完全に27年前の記憶が蘇ります。351系を萩山駅で撮った写真を見ながら247Fを見ていました。
次は263F・30000系の並びも撮りたいです。

さすがに国分寺駅は完全に変わっているけど、現在のスマホ時代ならではの光景になりますね。

2017/12/18 10:07 | 大相撲快速 [ 編集 ]


 

>MiOさん

そうですね。ベージュだけ見えるとその下が黄色か赤かは妄想の世界ですね。
私はその下の赤をわざわざ見るのが、小さいころからの日課でした。

それにしても皆さんの写真も見ていて面白いですね。
カメラによって、光線によって、全く赤の色が違い、当時の赤い電車の写真に近い物もあれば、遠いものもあり。

特にデジカメは赤の発色が機種によって相当異なるので、「デジカメ選び」が赤電撮影には必要ですね。

このR-D1よりは富士フィルムのクラシック・クロームがなかなか良い感じです。

>大相撲快速さん

本当に萩山駅が絵になりますよね。
というか、萩山駅で私のすぐ後ろに大相撲快速さん居ましたが、気づいてましたか?!^^

旧2000系絡めて撮るべきですよね。
多摩川線から戻ってきた日には残っていないかもしれないですから・・。

2017/12/18 12:56 | KUSU [ 編集 ]


 

こんばんは。
私も昨日多摩湖線に行ってきました。
赤電、いいですね!

赤電の「赤」は、写真によって微妙に色合いが違って見えますね。ピンクっぽかったり、朱色っぽかったり。

多摩湖線は撮れる場所も多いので、また撮りに行きたいと思います。

2017/12/18 22:52 | ひゆい父 [ 編集 ]


 

>ひゆい父さん

いいですよね。
色んな色に見えるから、模型の再現が難しかったりするんですよね~。

大糸線のキハ52の青色や、京成の青電も、どーしてこんな微妙な色を選んだんだろう~と感心します。
古い小田急の車内の仕切り板の緑色なども、芸術のような渋い色です。

多摩湖ではわずか1ヵ月しか走らないんですが、大晦日まで撮りに行ける日がなく、もどかしいところです。。

2017/12/19 09:54 | KUSU [ 編集 ]


色彩は 

色合いというのは大変奥が深く、太陽光線の具合(季節や時間帯)によっても変化しますし見ている人の感覚でも大きく異なります。さらに面積とか塗料の褪色が加わるとまさに「イメージ」の世界でしょう。
塗料そのものを調合するときは数値的に「これ」という特定ができたとしても難しいんですよね。

御託はともあれ復活塗装は素直に喜ばしいことです。考えてみればN101も末期の赤電と同じぐらいの経年車なんですね。
私も実車を見に行く機会があるでしょうか?
連結面、良いポイントです。あの狭い窓から見下ろす、ジャンパ線が揺れる下で砂利の流れる風景は私も好きでした。

ドアが開いている状態の写真ではN101であるという違和感は殆どありませんね。

2017/12/19 10:07 | ホビぽっぽ [ 編集 ]


 

>ホビぽっぽさん

N101系も、赤電と共存していた車両ですからね。
当時はツートンで、ココア色だったのを覚えています。

当時、N101が赤で塗装されるとしたら、この前面の塗分けでは無かった事は想像できます。
凸凹を無視した塗装は昭和の職人はやらないでしょうね。私が担当したら、半年以上は研究して、Rの角度など研究して愛情たっぷりで塗るのですが☆

さてさて、連結面って、線路の上を走っているって感覚が強くてとても好きです。
特に短尺レールだった頃など心地よかったです。


そして気が付いてくださってありがとうございます。
わざとドアが開いている側面を狙って撮っています。
そして、幼少時期の身長から見えた視点で撮影しています。

2017/12/19 10:31 | KUSU [ 編集 ]


 

懐かしい配色ですね。
赤電復活、との記事から検索してたどり着きました。
改めて失礼します。

池袋線や新宿線がすっかり黄色に慣れた頃、武蔵境ー是政で、まだこの配色の赤電が現役でした。
当時は、何度も乗る機会があり、ほとんどが両開き扉の中、たまーに乗り合わせる片開き扉に乗れると、なんかラッキーな感覚で嬉しくなった事を思い出しました。

系式は、詳しくないので全く分かりません。
最近、職場がこの路線の近くになり、久しぶりに見た電車が真っ白になっておりショックを受けました。
多摩湖線での運行が終了後、多摩川線でも走る様なので、仕事帰りに眺め、乗ってみようかな、、と、思案中です。
片開き扉・・・廃な物好きな今日この頃です。

2017/12/20 13:53 | とも [ 編集 ]


 

KUSUさんお疲れ様です。

>黄色い車両との並びで、赤電の輝きが増します。
たしかに...それもグローブベンチレーターの旧2000系なら、なおさら味がありますよね。

ようやく西武もこうゆう取り組みをしてくれたな・・・と感心しますね(´∀`)

ではまた~

2017/12/20 19:41 | やきとり [ 編集 ]


 

>ともさん

ようこそ!いらっしゃいませ^^

私も意外と詳しくないのですが、多摩川線での片開きは相当昔かもしれませんね。多摩川線で最後に残っていた赤電カラーの電車は両開きでした。

見たら絶対に懐かしさが込み上げてくると思います。
多摩湖線でも、アラフォー以上の世代が沿線の方がとても懐かしく見ていたのが印象的です。
高齢化で、ほとんどがアラフォー以上の時代ですので、このようなサービスは大歓迎です(笑
また仕事帰りに出くわしたあと、コメント頂けたら嬉しいです。宜しくお願い致します。

>やきとりさん

そうなんです。ちょうどグロベンの旧2000が来てくれて、懐かしい光景に浸っておりました。
しかも発色がとても良い感じになっており、お気に入りの1枚です。

2017/12/21 14:34 | KUSU [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://team551.blog42.fc2.com/tb.php/414-d41ce542

| TOP |

プロフィール

KUSU

Author:KUSU
21世紀も西武の赤い吊り掛け電車に恋するブログ。
赤電本線現役をギリギリ知ってる世代です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールはこちらから

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

バナーです↓ bn-551.jpg   西武時代の553Fの写真がございましたら、是非ご提供お願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。