ひがしむらやま551// 
2017/05/28 (Sun) 西武451系、さよなら。

DSCF0625.jpg

上信100形電車、西武の451系の最後の現存車にお別れをしに行ってきました。
6月中に解体されてしまうそうです。

DSCF0628.jpg

よく今日まで生き残ってくれましたよね。
昭和30年代中頃の生まれ。当時の姿そのままに残ってくれてます。

DSCF0620.jpg

西武初の両開き扉で、デビューした当時は赤電の前の茶+黄色塗装。

DSCF0621_20170528171307839.jpg
通風口も残っており、独特のワイパー付近の形状も西武の「赤電」らしいところです。

DSCF0630.jpg
これ、良いですよね。。


車内の吊皮はどうなんでしょう?結構古いものに見えます。

DSCF0632.jpg

隠れミッキー?!
DSCF0618.jpg


側面は再塗装したのがだいぶ昔に感じるほどヤレてしまってます。
DSCF0614_201705281713046a2.jpg

この台車、かなり歴史を感じます。潰すのが勿体ない。。
DSCF0618-2.jpg

残念ながら最後の撮影会などはなく、ひっそりとこのまま解体されます。
DSCF0631.jpg

あぁ、なんか、、ほんとせつない。
DSCF0629.jpg

乗ることも触れることもできませんでしたが、会いに来てよかったです。
現役時代では無かった、この上信ツートンも似合ってます。

さようなら。ありがとう。

JRと他私鉄 | trackback(0) | comment(14) |


<<都内最後の吊り掛け | TOP | 近江鉄道822F貸切撮影 その他編>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

6月3日の電車フェスタまでこのまま残してほしかったです。

ダメ元だけど土曜日の電車フェスタで451系の里帰りの『最後の賭け』になるけど、やっぱり99%諦めています。

西武鉄道関係者がこのブログを見ていたら急変を期待したいが…

私自身も3年前の571系の撮影会と過去2回上信のイベントに参加して451系を撮影で来て良かったです。

ありがとう451系!

…そして、今度は近江の411系の里帰りを期待します。

2017/05/28 18:19 | 大相撲快速 [ 編集 ]


 

こんばんは。

ここまで朽ち果ててしまうともう安全上の理由からも解体は止む無しなのかもしれませんね。

やはり雨ざらしの保存は無理が有りますね。横瀬も早く車庫を復活させてほしいです。

2017/05/29 00:19 | MiO [ 編集 ]


腐食 

画像を見ると戸袋部分がいちばんひどいようですが、外からの水の侵入とそれが抜けなくて錆が進行するという定説通りの腐り方です。
ということは台枠と側柱の接合部は軒並み強度がなくなって、いよいよ自然崩壊が時間の問題になっているのでしょう。
まだ下降窓ではないだけましなのですが、それでもこの状態では走行や吊り上げは危険でしょう。

鉄道車両の保存がいかに困難なものか、特に静態では雨対策だけではなく風通しも・・・
おっと、KUSUさんもこの辺のことはよくご存じで。

2017/05/29 08:56 | ホビぽっぽ [ 編集 ]


 

>大相撲快速さん

まだ1%諦めていないことに驚いてしまいました。
今の西武さんは、恐らく里帰りなどに予算は使わないと思います。隣の芝は青く見えるといいますが、東武さんが羨ましくてなりません。


>MiOさん

こんにちは。
本当に倉をどうするのでしょうか。。
保谷のSL,ELも一緒に一か所でミニミュージアムやってほしいですね。
個人的には津軽鉄道に残る開業当初の電車を1両復刻して、良く言えば351系を赤色に戻して。。


>ホビぽっぽさん

コメント有難うございます。
確かに451は危険な状態まで来ている感じです。

くめがわ図書館がまさに同様の悩みを抱えていますよね。どうやって下地処理完璧にしても5年もすれば錆て塗装がひび割れますし。。
ぽっぽの丘を見ても、碓氷峠の保存車を見ても、「これは大変だ、、」と思う次第です。

2017/05/29 09:50 | KUSU [ 編集 ]


 

451系の最後の砦のもついに解体ですか。
小学生のころ乗りに行った時、元501系の主電動機と台車を装備していて、他の赤電吊り掛け車とは走行音が違ったのを覚えてます。上信のは原型に近かったので、個人的にも好きでしたので解体は残念ですが、廃車後今まで残ってくれたことが、奇跡でしたね。かなりボロボロの状態から塗り直しまでして維持してくれた上信電鉄さんには、敬意を表します。

上にも書いた元501系のTR-25改の空気バネ台車と主電動機も、この451系の解体と共にこの世からなくなるということですね。

全国各地に広がっていた、赤電の記憶が段々と無くなっていくのは寂しい限りです。

2017/05/31 14:52 | 豆夫 [ 編集 ]


 

>豆夫さん

コメント有難うございます。
451系は少し違った音を出していたのですね。

塗り替えが昨日のようですが、4年半も経っていたようです。雨ざらし4年半、この状態になるんですね。。

一畑の551が消えて11年、大井川に残った351系が消えて1年、451も・・。
本当に薄れていってしまいますね。

2017/05/31 16:58 | KUSU [ 編集 ]


管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/05/31 19:33 | [ 編集 ]


 

早くも解体がはじまったようですね。
合掌。

http://railf.jp/news/2017/06/02/110000.html

2017/06/03 08:24 | 豆夫 [ 編集 ]


 

現役時代は知らないものの、451系はとても好きな車両なので残念です。
先日、小型タイプの種別板を手に入れたのでぶら下げたかったなぁなんて(勿論、無理な願いですが...)

横瀬も博物館にでもすればお金になりそうですが...

2017/06/07 14:46 | 村山人 [ 編集 ]


 

>豆夫さん

解体されちゃいましたね。。
私が行ったのは本当に、ギリギリ最後の姿だったようです。ちなみに、さよなら切符も出ているようです。


>村山人さん

小さい種別板は程よいサイズでいいですよね。
フォントも大きい種別板より昭和な感じで。

西武さんは博物館作らないんですかね、、。
株主や銀行を説得できないのかな。。

横瀬の車両もあのままでは不安です。

2017/06/07 16:07 | KUSU [ 編集 ]


 

451系といえば、6連または2連を今でも思い出します。新宿線で走っていた頃が懐かしいですね。ありがとう451系、お疲れさま451系......。

2017/06/11 09:28 | マスダっち1971 [ 編集 ]


 

>マスダっち1971さん

こんにちは。
遠い記憶なのですが、恐らく私が乗っていたのは6連の方だったのかもしれません。1979年から廃車が進んでいた車両らしいので、もしかしたらほとんど乗れていないのかなぁ・・。

でも間違えなく想い出には残っています。

2017/06/12 11:00 | KUSU [ 編集 ]


 

【KUSUさん】、こんちわ(^^)451系って、オデコの前照灯が「1灯」のイメージが未だあるんすが、「シールドビーム2灯」になったのは........昭和50年代に入ってからでしょうね。

2017/07/05 11:42 | マスダっち1971 [ 編集 ]


 

>マスダっち1971さん

おでこ1灯の頃を知らないんです。
なので、551も351もシールドビームが「基本」と思えてしまう世代なんです。

ぜひ1灯時代、目でみておきたかったのですが。

2017/07/05 13:32 | KUSU [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://team551.blog42.fc2.com/tb.php/388-1b395aa7

| TOP |

プロフィール

KUSU

Author:KUSU
21世紀も西武の赤い吊り掛け電車に恋するブログ。
赤電本線現役をギリギリ知ってる世代です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールはこちらから

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

バナーです↓ bn-551.jpg   西武時代の553Fの写真がございましたら、是非ご提供お願いします。