ひがしむらやま551// 
2016/06/16 (Thu) 近江鉄道120周年◆赤電運転開始◆

DSCF2436.jpg

近江鉄道の120周年のイベントに行ってまいりました。

歴史のある私鉄なんですね。
120周年というと、川越鐡道とほぼ同時期に誕生したって事ですもんね。
鉄道の歴史としても「祝」ですし、奇跡の赤電復活としても「祝」の日になりました。

DSCF2401.jpg

彦根駅につくと、このような光景が。
思わず「おっ!」と声が出てしまう電車の並び。

本家はピンクの電車などでギラギラしておりますが、こちらはまさに「あの時の西武」。
タイムマシンで30年前に戻ってきたようです。

DSCF2384.jpg
式典にあわせ、電車をくまなく掃除されておりました。

DSCF2411.jpg
この日の為の「米原」サボが掛かっており、準備は万端。
朝6時半くらいから10時まで、ずーっとプラプラしていたのですが、まるで飽きません。

DSCF2419.jpg
今回は、こちらを用意しました。
30周年限定の「写ルンです」。
アニバーサリーには、アニバーサリーで。



ホームで待っていると、どんどん雨が強く・・。
記念行事にはあいにくの空模様でした。

10時を過ぎると、どんどん関係者の方が詰めかけてきます。
一般ファンなんて数人程度で、あとは役所や鉄道関係の方々ばかり。

DSCF2426.jpg

いよいよ奥から822Fが登場。
N101系との並びがなんとも良いです。
昔の上石神井のよう。


一度転線してから、ホームにゆっくり進入してきます。

目の前に現れたとき、「懐かしい」ではなく、
「あ~、、こんな光景あったな・・」と感じました。

すーっと、止まってドアが開くのを待ちます。
DSCF2428.jpg

小さい頃、赤い電車を待って運よく乗れた時の興奮が蘇ります。
30年経っても、体が忘れてないって感じでした。

DSCF2438.jpg
式典は、近江鉄道社長と、それから滋賀県知事のあいさつでした。
どちらも想像よりお若い方でした。

滋賀県知事、昔電車の運転士やってた方なんですね。
異色の経歴です。
「厳しいなか、よく120年走り続けてくれました。これから121年、122年と~」という挨拶でしたが、元鉄道員という事もあってか、その言葉に重みがあり、さすがに政治家はスピーチで人を唸らせる力があるなと思ったのでした。

DSCF2440.jpg
赤電乗る時はいつも妻面です。
この場所が車内からローズピンクが唯一見える場所なのです。

DSCF2445.jpg
ドアが開くと、ここからも懐かしい塗り分けが少し見えます。


AK-3の音も心地よく響いてます。


DSCF2446.jpg
記念列車、乗っている人はこのくらいでした。

DSCF2449.jpg
こちらは、当時の色を再現した運転台。
綺麗に塗装が施されております。
マスキング大変だったろうな・・。

DSCF2457.jpg
そして、米原でサボを裏返す瞬間。
これぞ、本日限り。

このサボ作業された方、「見た事はあるけど、やるの初めてだったよ~」と同僚の方に話されていました。

写真をそれっぽくしてみます。
sabo01.jpg
・・ちょっと古くし過ぎたかな。。

DSCF2435.jpg
記念列車の正面サボは「米原」、 LEDは「創立120周年」という特別な物でした。
(この写真、どこか昔の武蔵境っぽく見えませんか?!)

その他の写真は全て写ルンですの中に・・。
現像したら、再度アップ致します。
きっと今回載せた写真より、昭和な感じで仕上がっていると思います。

※今回のカメラはフジのデジカメで、クラシッククロームでの撮影です。実際はもっと彩度のある赤電色です。
※別の話題ですが、明日(6/17)の日経の夕刊で「くめがわ電車図書館」の記事が掲載されるようです^^

JRと他私鉄 | trackback(0) | comment(17) |


<<3.4番線へのポイントと信号消える | TOP | 近江に行ってきます>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

近江の赤電の速報に大興奮しています。この光景も池袋駅でも実現をしてほしいですね。

この後も検査が近い9000系・池袋線の新2000系(前パン編成と8両編成両方)・多摩湖線の261Fはいつ検査入場をするのか注目しています。できれば夏休み恒例の南入曽の開催発表が近い6月下旬~7月中旬に検査入場を望んでいます。

それにしても本当に昭和55年ごろの光景を完全に再現されていますね。
今度は411系・401系・新101系前パン編成・301系・3000系の並びも実現してほしいです。

赤電が確実に撮れる近江のイベントにも注目したいです。

近江の赤電を見習って本家西武鉄道も高崎の451系を横瀬里帰り・351系クモハ355を赤電復元もしてほしいです。

このあとも引き続き夏以降の近江の赤電の更新も楽しみにしています。

2016/06/16 18:04 | 大相撲快速 [ 編集 ]


 

>大相撲快速さん
261Fってそろそろ そんな時期ですか?
真っ白になってガッカリしたのが昨日のようですが・・。

そうですね、昭和の50年代半ばから後半の光景ですね。


私、たぶん夏には近江いけないです。。
今度は少しほこり被って、ピカピカした塗装が落ち着いた頃に訪問したいです。

個人的に赤電は3ドアでやってほしいですね。
本家の101系が残っているうちに・・。
あと数年で危ないですからね。

2016/06/16 18:42 | KUSU [ 編集 ]


 

こんばんは。

これは間近でみたら感激物でしょうね~。
横から見たら411系そのものな感じでしょうね。101系の赤電塗装よりもずっと当時に近い印象な筈です。

しばらくこの塗装で走ってくれるそうですが・・・見てみたいです。塗装サンプルと色合わせしたい(^^;;)。

2016/06/16 22:19 | MiO [ 編集 ]


 

>MiOさん

こんにちは。
間近は感激でした。
何より、色が良かったですよ。
近江鉄道ではなく、西武鉄道に残っていたサンプルからとったそうです。

滋賀は遠いですが、三岐とあわせて1泊2日のタイムスリップ旅行はおすすめです^^

2016/06/17 09:38 | KUSU [ 編集 ]


 

うわーいいですねー
始め近江での赤電と聞いたときは裾のカットがあるからそこまで昔の赤電みたいには見えないんじゃとか思っていましたが思った以上に似合ってますね

サボ交換のシーンが拝島の光景に見えました(笑)

西武同士での並びが取れればいいですね!


話変わりまして土曜日に久米川電車図書館を訪ねてみました
その時に掃除熱心な子が前面を掃除してたので一緒にやってみたのですがいかに1両だけでも掃除が大変か思い知らされました
スポンジ程度では目立った汚れが落ちるくらいでした

またいつか清掃などがあれば参加してみたいです

2016/06/17 15:41 | 快速急行 西武球場前 [ 編集 ]


 

>快速急行 西武球場前さん

こんにちは。コメント有難うございます。
四隅が切れているのもありますが、個人的にはLEDがミスマッチで気になったところです。
ただ、赤になってくれただけで、本当に万々歳です。


この気になる部分や、もう少しのプラスアルファーで撮影会をしてみたいんですよね。来年4月以降になると思いますが、企画してみたいと思います。


図書館の作業有難うございます。
腕が痛くなりますよね・・拭いていると。。

あの面積を全部塗装するのは途方にくれます。
機械化されているとは言え、電車を1000両以上所有しているのは、本当にすごいなと思えますよね。

2016/06/17 16:56 | KUSU [ 編集 ]


スゲー(>_<) 

KUSUさんこんばんは!

運転台までピンク!
何か571系の様な411系が復活したような☆

どちらにしてもテンション上がりますね!

これでツリカケの音でも出して走りだしたら私は失神しちゃいます
と言うより運転台の画像見ただけでちょっとやばかったww

いつもテンション上がる画像ありがとうございます!

2016/06/17 21:44 | 元俺も東村山 [ 編集 ]


 

KUSUさん、こんばんわ。

前のかたの書き方をものまねするわけではないのですが、

すばらしいー(>_<)!!

の一言ですね。この表現しか思いつきませんでした(笑)
赤電といえば、2001年の西武鉄道主催の「赤電スペシャルウィーク」での旧101系塗装しか知りませんので、
「胸熱」といってもいいかと。。。
ちなみに横瀬保存の351系は、赤電塗装時代は横瀬にまだ行ってなかったので…。

私としては内装です!なつかしい!!こげ茶コーヒー色モケットシート、701系列独特のこれまたコーヒー色化粧板。。。
旧2000系未更新時代と違い、黄色ではないんですよね。
以前たしか申し上げましたが、401系の田無の思い出がありますので、この内装はかすかに覚えております。
いまや、黄色化粧板すら消えてしまいました。。。

先日の武蔵丘、祝福ありがとうございます!!たしか30数人目あたりでしたね、徹夜したんですけども、
先着30人以内には今年もなれず・・・。


ですが、私が購入できた板は貴重な旧2000系の発生品です。大切に保有します。

ではまた!

2016/06/18 01:09 | やきとり [ 編集 ]


 

感激のレポートをありがとうございます。まさか平成も28年にもなって赤電が復活するとは。
塗りたての輝く姿をこの目で見たくて私も行ってきました。
実物を見て息をのみました。赤の再現度は完璧ですね。101系の赤電の時は違和感があったのですが、今回は全く違和感がありません。いろんな思い出が交錯してしまいます。ちなみに持参した色見本(351イベントで売られたレプリカ銘板)と比べたら違いが分かりませんでした。まさに本物です。素晴らしいです。また行きたい!

2016/06/19 20:18 | 清68 [ 編集 ]


 

>元俺も東村山さん

こんにちは!
これで吊り掛け音・・という所ですが、
ちょうど吊り掛けモーターの車両が構内移動しており、
ゾクゾクっとしました。
近江鉄道は何でも役者が揃っています・・!

いつもスナップばかりですが、テンションあがる画像と言って頂けて本当にうれしいです。
これからも似たような写真でがんばります!


>やきとりさん

30人目というと、あの雨の中ずーっと傘をさして並んで居たのですね。本当にお疲れ様でした・・!

こげ茶シートいいですよね。本当に懐かしかったです。
ぜひ見に行ってください!
101系の赤色よりも、それっぽいと言うのは清68さんと同じ意見です。これぞ赤電と言うカラーを堪能して頂ければ!^^



>清68さん

先日はひばりが丘でお会いできてうれしかったです。

赤の色は本当に完璧でしたね。
手持ちサンプルと同じであれば、お墨付きですね。

101系赤は彩度が強いというか、赤色がくすんでいなかった感じで、
伊豆箱根は少し明度が高く、もう少し暗い色調で良かったのかなと思ってます。

私もまた何回か行きたいと思っています。
そしてこの色、恐らく関ペの塗料だと思うのですが、こっそり発注してみようかと考えてます。

2016/06/20 10:11 | KUSU [ 編集 ]


 

大変ご無沙汰しております。
近江822素晴らしい出来栄えで感激いたしました。復刻赤電が16日
出発の情報に接して以来、居てもたってもいられずに現地に行って来
ました。自分も当日は雨の式典現場に居りました。その後822には乗
らずに米原に先回りして沿線で撮影しておりました。ニアミスだった由
失礼致しました。
それにしても遠い過去から蘇ったような初代411系を見たようで、もう懐
かしさで一杯でした。パンタも前パン一基なのも好ましく、種車432Fよりも
初代426Fの雰囲気でFS372も気のせいかFS40に見えました。
今後は西武にも赤電復活を期待したいところです。

2016/06/21 00:22 | 団塊鉄ちゃん [ 編集 ]


 

>団塊鉄ちゃん様

ご無沙汰しております。
彦根駅の場所、そして米原からの折り返し、貴生川行き1801列車も恐らくポジション的にすぐ近くの場所でした。
スーツ姿で、写ルンです片手に撮っていたのが私です。

是非ごあいさつしたかったですが、あの懐かしくてたまらない感動を、大先輩の方と同じ場所で同じ時間に共有できたことが、後にわかっただけでも嬉しく思います。

私も彦根駅が武蔵境のように思えました。
前パン1基というのも良かったですね。

2016/06/22 10:22 | KUSU [ 編集 ]


 

KUSUさん おはようございます。ん??あ~~~っ!!懐かしの赤電塗装になってる~~~!!

2016/06/25 08:50 | マスダっち1971 [ 編集 ]


 

>マスダっち1971さん

夢じゃないんですよ!!^^

2016/07/04 13:44 | KUSU [ 編集 ]


 

遅ればせながら、ブログ拝見させて戴きました。

これすごいですね。現役車で、安全に運用出来る範囲内で出来る事は全てやって下さった感じがします。外装だけでなく、車内も茶色モケットに復元し、小物の多い運転台の色迄…管理人様と同じく、マスキングが大変だったろうと感じました。

411系を私は見た事が有りませんが、HSC化前の801系と同様に、雨樋周辺の塗り分けは惚惚しますね。鉄道に限らずですが、効率や合理化が(やや過度に)優先されてしまう現代では、通勤車には難しい配色かも知れません。
個人的にですが、彦根の工場は規模が違うだけで、我らが所沢工場と共通する雰囲気を感じます。良い意味で何でも屋というか、委託ではなく自前の手造り工房みたいな、暖かみの残る工場に見えます。

今回の記念塗装は近江ファンの方は勿論、西武ファンも取り込める内容だと思います。西武グループの企業がここまでやるのですから、本家でも折角残っているワンマン101系辺りでそろそろ何かを…なんて我が儘を言ってはいけないですかね…。

2016/07/13 05:34 | ヤマ [ 編集 ]


 

>ヤマさん

コメント有難うございます。

もともと茶色モケットじゃ無かったのでしょうか?
私はあまりに久しぶりの訪問であったのと、モケットの色あまり気にしておりませんでした。

「あ~茶色なつかしい~」程度で ^^;


確かに近江鉄道の工場は暖かい感じ受けますよね。
オリジナル改造とかも、いいですよね。あかね号とか、夢あります。


私の周りの西武ファン、さいきん活動が減っている感じするんですよね。本家の方は最近ラッピングと広告ばかりですから、本当の意味で鉄道に情緒とかロマンとかを求める人は遠ざかって行ってしまう気がするんですよね。
101系Nの赤色、もしくはブドウ+濃い黄色の初期塗装でも、やってくれれば嬉しいですね。
今やると、東武のマネに見えてしまいますが。。

2016/07/13 12:57 | KUSU [ 編集 ]


 

私も21日に日帰りで近江の赤電を撮りに行きました。

行く前に近江鉄道に問い合わせたら21日は八日市駅~近江八幡駅まで日中に運用だったので1往復半乗ったほか八日市駅で赤電を100枚以上ガンガン撮りました。
本当に赤電を見て大興奮して最高な日々を過ごしました。

また近江の赤電を見て撮りたいけど、3~4年後の近江の赤電の411系を甲種で横瀬に里帰りをしてほしいです。
その間にユネスコ村跡地か旧西武第3球場の第3駐車場に西武鉄道の博物館建設発表をしたら再び大興奮するかもしれない…。

2016/08/27 18:28 | 大相撲快速 [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://team551.blog42.fc2.com/tb.php/355-c1bc3066

| TOP |

プロフィール

KUSU

Author:KUSU
21世紀も西武の赤い吊り掛け電車に恋するブログ。
赤電本線現役をギリギリ知ってる世代です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールはこちらから

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

バナーです↓ bn-551.jpg   西武時代の553Fの写真がございましたら、是非ご提供お願いします。