ひがしむらやま551// 
2015/12/01 (Tue) 東村山の鉄道史講座

image3A9129.jpg

北村拓講師による、”東村山をめぐる鉄道の120年”に参加しました。
ブログ上でどこまで公開してよいかわからないので、あまり詳細は書けないのですが、その内容はとても濃く新鮮でした。

非常に研究熱心な講師の方で、計画路線が廃案になった背景の考察・特定人物の影響力などは、説得力の強い物が多かったです。
東村山周辺の歴史に関する計画路線では、武州鉄道(三鷹-御花畑)の説明もありました。
これが通っていれば国分寺線鷹の台から御花畑方面へ乗り換えも。
その他も東村山駅から立川行き路線が計画されていたり、一歩歴史が違えば、吉祥寺駅から本川越行きが出ていたのか、、と妄想は尽きません。

勿論、東村山の軽便軌道や糞尿列車、お召列車(ハンセン病の方)、についても詳しい説明がありました。
当時の糞尿の貨車の構造やその運行ダイヤ、その必要性や廃止になった理由など、また改めて講義を受けたいくらいでした。

また、改めて歴史を知れば、西武鉄道が川越鉄道の路線を無視して「100周年」と言うにはそれなりの理由があるのだとも感じました。
武蔵野鉄道と川越鉄道が結果として同じ会社になった経緯には、所沢飛行場駅付近での正面衝突事故があった事も知ったり。

あとは、細かい事ですが八坂駅ですが計画段階では「九道の辻駅」だったようですね。
こっちの方がカッコよかったかな?

image3A9130.jpg

西武の電車に関しても写真で紹介がありましたが、写真が非常にマニアックでした。
701系の紹介では、塗り分けが初期のかなりレアな赤電であったり、この方のマニア度がすぐに伝わってくるものでした。

質疑応答では、なんと「園田さん」が質問。
西武の歴史本のほとんどの写真は園田さんが撮影されたものですので、西武ファンにとってはまさに神の領域の存在!
そんな方と同じ空間で講義が聞けた事だけで私には十分すぎました☆

西武鉄道一般 | trackback(0) | comment(3) |


<<フライング東上登場 | TOP | 萩山駅で並ぶ ぶるべー号>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

かなりいろいろ聞けたみたいで・・・。
きになるぅー(´;ω;`)
ご年配のかたが多い印象ですね、写真では。

個人的には、なぜ赤電のあとに黄色になったのか、とか、
黄色電車は本当にこのまま西武は減らすのか?(2000系ですけど。。。)

が気になります。では、失礼位したます。

2015/12/01 19:41 | やきとり [ 編集 ]


 

こんばんは。

これは興味深い内容だったようですね。鉄道史に興味が無いと面白くないでしょうから、年齢層も高くなってしまったのでしょうか。

広報も少なめでしたし、基本的には地元の人向けなのでしょうね。

2015/12/02 01:03 | MiO [ 編集 ]


 

>やきとりさん

こんにちは。西武鉄道の職員の講演会ではないので、そのような話はありませんでしたよ。

年配の方多いです。
人間年を取ると歴史が気になるのでしょうか?
私からみて若いと言える人は1人?それも30後半?
平均70歳といったところです。


>MiOさん

歴史博物館のイベントですので、まず鉄道好きをターゲットにはしていないようです。
それにしても、東村山市の広報はうまくないですね^^;
席が余っていたのが もったいなく感じました。

2015/12/02 15:47 | KUSU [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://team551.blog42.fc2.com/tb.php/331-4bbce8d8

| TOP |

プロフィール

KUSU

Author:KUSU
21世紀も西武の赤い吊り掛け電車に恋するブログ。
赤電本線現役をギリギリ知ってる世代です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールはこちらから

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

バナーです↓ bn-551.jpg   西武時代の553Fの写真がございましたら、是非ご提供お願いします。