ひがしむらやま551// 
2014/03/30 (Sun) セイジクリームの東武81111F乗車

DSCF0323-1.jpg


東武の越生線まで行ってきました。

セイジクリームの一般運用おそらく2日目。
それなりに人が多いのかと思いきや、ぱっと見のテツは数人程度。
沿線も人がいなかったので、一瞬運用に入っていないのかと冷や汗するくらいでした。

DSCF0315.jpg

懐かしいのは側面。
ずいぶん小さい時に、この電車に乗った記憶があり「東武=セイジクリーム」と言う断片的記憶の私。
普段東武を利用しないので、余計にクリーム一色のまま東武の記憶が止まっている感じです。

DSCF0305-1.jpg

乗ってみました。

DSCF0308.jpg

時間の関係で、坂戸⇔一本松の ひと駅しか乗れなかったのですが、それでも東武ファンなら萌えるだろうな~と感じる作りでした。
シートの地も張り替えたようですし、気合入ってますよね。

DSCF0303.jpg

車内にもほとんど鉄な人が居ない状況。なんと不思議な。。

DSCF0322.jpg

やっぱり側面が良いですね。
第一印象はクリーム色が思っていたより濃いな、と。

DSCF0310.jpg

DSCF0312.jpg

前面は新潟トランシスの気動車みたいな顔に見えちゃいます。

DSCF0294.jpg

何を隠そう、私は池袋⇔川越間の東上線に乗るのは、はっきりした記憶では初めて。
本当にひどい話ですが、よくこれだけ乗る機会に恵まれなかったと思います。

都心寄りの東武東上を全く知らない自分にとって、驚いた点は3つ。
・東上線に複々線区間がこんなにもあるとは思わなかった。
・TJライナー送り込み用の快速急行のサービスの良さに驚き。
・8000系が激減。たまたま8000系には乗れたけど、往復2時間は他の8000系と一度もすれ違わなかった。

DSCF0292.jpg

8000系のドアの内側ってこんなレトロ。なんだか暖かいですね。
西武も101系本線運用が超貴重な時期がついこの前までありましたが、まさに東武は今そんな状態。
乗れたらラッキー。

DSCF0326.jpg

あとは、快速急行のこの快適シートですね。
DSCF0327.jpg

4ドアにこんなシート配置はここだけなので、普段見てない人間にとっては物珍しさでマジマジと観察しちゃいます。
単純にドアが多く着席数が少ないように見えても計算すると460近くあるんですよね。

DSCF0329.jpg
最後は池袋でクリームパン。
今日はクリームで癒された半日でした☆

JRと他私鉄 | trackback(0) | comment(8) |


<<多摩湖線のさくら | TOP | 西武411、451の採寸>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

西武鉄道では最近100周年になりますが、西武はベージュ(現在はなし)やクラシックなどがあります。以前旧101系が赤電となって走ったことがあるようです。100周年ではありませんでしたが...。

2014/03/31 06:56 | 通勤準急 入間市 [ 編集 ]


 

>通勤準急 入間市 さん

西武もこれまでリバイバルカラーは何度かしてますが、黄色とブドウ色(351保存の色)はリバイバルされてないですよね。
ほとんどの人の記憶に無い色ですが、一回やっても面白いとは思うんですよね~。

2014/03/31 10:31 | KUSU [ 編集 ]


 

クリームになった東武電車、それまでのオレンジ+ベージュと比べてとても明るい色にはなったのですが、全くアクセントがなく、野暮ったさは否めませんでした。特に73や78は汚れが目立ってしまい、まさにカステラ電車でした。
現行塗装に変わり始めたときは、センスが良くなった気がして喜んだものでしたが、改めて今クリームを見ると暖かみがあり、これも案外いいかもと思ってしまいます。気持ちは変わるものですね。

2014/03/31 22:18 | 清68 [ 編集 ]


こんばんは 

私はクリームの東上線は数回乗ったか乗らないか、位で、白い8000系の方が馴染みが有ります。

何にせよ薄い色の単色ってどうしても地色だけ、って感じで、野暮ったい気がします。西武新101系の白一色も同じです。クリーム色一色も退色や汚れが目立ち易く、艶の無い塗装の印象しかなかったので、今回塗りたてピカピカを初めて見て、こんな色だったんだ、と思いました。

2014/03/31 23:34 | MiO [ 編集 ]


 

>清68さん
時代によって求められる色って違うのかもしれないですよね。
今だからこのクリームの暖色に魅かれるのかもしれません。
最近は塗装自体無いですし、渋い色も暖かみのある色も少ないですもんね。ラッピングとか派手なのも多い中、このシンプルさは新鮮です。

>MiOさん
こんにちは。確かに過去の写真見ると退色で白っぽいのがありますよね。
でも、なんとなく落ち着く風合いの優しいクリーム色でしたよ☆
シンプルと同時に当時の経営事情が垣間見えましたが^^;

まだ抵抗制御の通勤車が残っている東武、動態保存のある東武、なんか羨ましく思えました。

2014/04/01 13:59 | KUSU [ 編集 ]


リアル世代 

私もクリームはよく乗りましたが、たいてい色あせて半光沢か白っぽくなっていました。
余り保守が良くなかったのか、塗料の質の問題ですぐにそうなったのかもしれません。
輝くクリーム色は記憶にありません。

ドアの車内側上部に「開くドアーにご注意ください」という文字だけのシールがあって、字の一部を何かで削って「アーここ汗くさい」になっているのを見ました。それも一か所だけではなかったので、相当イタズラされていたと思います。
東上線は当時乗客のモラルも良くなかったのでしょう。

クリーム色の8000系の思い出でした。

2014/04/01 18:05 | ホビぽっぽ [ 編集 ]


 

更新車の顔にクリームという組み合わせはなかったように記憶して
います。こういう昔なかった組み合わせのリバイバル塗装が流行って
いるようですが、私は好きではありません。
ただ顔以外は懐かしく感じました。
現役時代のクリーム色の写真を拙ブログにUPいたしました。

2014/04/02 02:30 | つのすけ [ 編集 ]


 

>ホビぽっぽさん

こんにちは。色褪せは当時の塗料の質も影響あったかもしれませんね。
東武のあのクリーム色しかイメージが残ってないのですが、おそらく時代的に吊り掛けだったかもしれません。
それで印象に残ってたのかなぁ・・。
私のクリーム記憶は、ほぼ記憶のかなたです。。


>つのすけさん
一気に昔の車両が消えていく時代でのリバイバルブームなので、当時そのままってのが今後はより一層難しいでしょうね。

否定的な意見も趣味的には納得ですが、一般的には懐かしめれば良い程度ですし、良いと思います。
今回の東武はそれなりに力が入っていて良いと思いますね。

2014/04/03 12:48 | KUSU [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://team551.blog42.fc2.com/tb.php/247-f726ccf0

| TOP |

プロフィール

KUSU

Author:KUSU
21世紀も西武の赤い吊り掛け電車に恋するブログ。
赤電本線現役をギリギリ知ってる世代です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールはこちらから

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

バナーです↓ bn-551.jpg   西武時代の553Fの写真がございましたら、是非ご提供お願いします。