ひがしむらやま551// 
2016/05/23 (Mon) 懐かしい西武の部品たち

DSCN0391.jpg

先日、赤電ファンの先輩宅で、懐かしい西武について語ろうと言う宴がありました。
その方のコレクション、集まった方の持ち寄りコレクションで、半ば西武博物館のような状態になりました。

一番上の写真。2217は、見る方が見たら驚きの品のようです。
他の方が持ち寄られた品にも2217の部品があったりと、部品同士の思わぬ再会もあったりもしました。

↓行先対照表、これはかなり古い物です。
DSCN0389.jpg
飴色に劣化した板はとても味があり、よくよく見ると縦横の線は手書きの物でした。
これぞ昭和のモノづくりですね。

↓車番コレクション。
DSCN0408.jpg
宴会であったので、枝豆などが少々邪魔をしておりますが、、^^;
「1701」プレートは、これぞ博物館級と言ったところでしょうか。

DSCN0400.jpg
こちらの特急乗車口案内。
当時の池袋駅にあったものだそうです。
風を切るような独特のフォントですが、何方か覚えている方いらっしゃいますでしょうか?

DSCN0398-2.jpg

その他さよなら351のヘッドマーク、レッドのヘッドマーク、板サボなど多数でした。
とんでもないコレクションの数々。
まだまだお宝中は沢山あったのですが、全てを紹介できませんので、これくらいに。


そして、懐かしい写真もありました。
まずは通勤準急清瀬の451系。
DSCN0422.jpg
大相撲快速さん、きっと懐かしんで頂けると思います。


そして、私が探し求めていた写真がこちらです。
DSCN0415.jpg

DSCN0410.jpg

1984年1月、東村山駅の国分寺線ホームに停車中のクモハ553。
私が幼少時期に、自宅庭から551系を眺めていた時期と重なります。

この写真、本当に出会えて嬉しかったです。
写真を拝見した当日はただ驚いていただけですが、翌日改めて眺めていると、
「いま、庭にある553(お面)こそ、幼少時期ここで時眺めていた車体そのものなのか・・」と。
懐かしさと嬉しさで、、気がついたら目から涙が出ていました。


さて、少しだけ話題が変わりますが、私のもう一つの趣味である昭和自転車も「鉄道仕様」になりました。
DSCN0462.jpg

DSCN0466.jpg

昭和19年製(と思われる)の丸石自転車で、昨日より川越鐡道の看板を下げて走り始めました。
決して乗り心地の良い自転車ではないですが、独特のオーラを放ちます。
旧型のダイナモから発電する音は、カルダン車のモーターにも似ていたりします。


※近江鉄道の120周年記念で、赤電が復活になるのにあわせ、6/25に撮影会を考えておりましたが、近江様のご都合等に合わせられず、中止となりました。沢山の方に声を掛けさせて頂きましたが、中止のお知らせを何方と何方にお送りしたかを把握できなくなってしまい、念のためにここに書かせて頂きました。近江鉄道元401系電車の貸切撮影会は2017年に日を改めて準備できたらと思っております。宜しくお願い申し上げます。

西武鉄道一般 | trackback(0) | comment(20) |


| TOP | next >>

プロフィール

KUSU

Author:KUSU
21世紀も西武の赤い吊り掛け電車に恋するブログ。
赤電本線現役をギリギリ知ってる世代です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールはこちらから

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

バナーです↓ bn-551.jpg   西武時代の553Fの写真がございましたら、是非ご提供お願いします。