ひがしむらやま551// 
2018/01/21 (Sun) 東村山駅の地下通路使用開始

L1720563.jpg

1/20、東村山駅の地下通路が使用開始されました。

L1720545.jpg
駅に着いたら、ちょうど40000系の試運転が止まってました。
もう、このカットではどの駅かわからない・・・。

L1720560.jpg
はじめて潜ります。
けっこうシンプルな予感。

L1720562.jpg
あ、、やっぱりシンプル。。

紛らわしい国分寺線の電光掲示板は設置があります。
階段上る方向によってホームが違うんですね。
そのうち足元に大きなステッカーが貼られそうな気がします。

L1720558.jpg
新宿線ユーザーにはまだまだ珍しい40000系。
拝島ライナーは拝島と新宿の往復だけですので、村山で乗る機会は日中だけかな?

L1720566.jpg
40000系の音って独特ですよね。
235もそうですが最近の新型は未来の音がします。

L1720579.jpg
下に降りる階段があると、すでに高架化されてしまったような錯覚に。

L1720582.jpg
元の跨線橋はさっそく取り壊し作業してました。
あっという間に消えてしまうのか?

atarasiidekaino.jpg
そして、以前の650tクレーンとは別物の新しいクレーン車が。
こいつもデカい。。

高架化の完成は平成36年ということです。(元号が変わってしまいますが)
このあとは今の駅舎が潰され、地下通路だけとなります。
いったいどこに改札が設置されるのでしょう。

~おまけの写真~
Lトレイン2本目が出てきました。
L1720795.jpg

L1720802.jpg
3代目にしてやっと新宿線を走ることになったLトレイン。
ラッピングでも「全塗装」に近い感じの電車は好感持てます。

・・黄色いライン入れたらフライング東上のようですね^^;

変わる東村山駅 | trackback(0) | comment(1) |


2018/01/11 (Thu) 上り方跨線橋は地下へ

L17202552nd.jpg

1/20(土)より東村山駅の上り方跨線橋が地下化されます。
この跨線橋はそんなに古いものではなく、私の中では依然として「学生時代に設置された新しい方の跨線橋」というイメージ。
L1720262.jpg

新設される地下道は、それなりに人数を捌ける広さがあると思うのですが、まだ入口が塞がれておりますので、1月20日までは未知のままです。
L1720413.jpg
こうやってみても地下階段が存在する気配もない状態ですが、ほぼ完成しているのでしょう。
ただ、せっかく掘った地下道も高架化されたあとは埋められる運命にあります。

L1720415.jpg
こちらは間もなく閉鎖される跨線橋。
乗換専用であり、地元民としては改札の無い跨線橋なのでほとんど利用しない橋でした。

L1720256.jpg


時々電車を撮る目的で利用しました。
L1720259.jpg
最後は朝焼けと旧2000系で撮り収め。
このアングルでの撮影もこれで最後。

~おまけの写真~

247F赤電の続きです。
小さい頃、赤電とはじめて出会った田無駅にて。
L1720476.jpg


ちょうど旧2000系が入ってきてくれました。
もう少しシャッター速度を落としたかったですが、手持ちなのでこれくらいに。
L1720479.jpg

そして東村山通過。
本線で赤電乗ってみたいですね。次の検査で戻った際にイベント無いかな~。
akaden-murayama01.jpg

変わる東村山駅 | trackback(0) | comment(3) |


2017/06/19 (Mon) 1番線が無くなる

DSCN1020.jpg

久しぶりに東村山駅で写真撮影。
1ヵ月経つとどんどん変わります。

まず、1番線。

無くなっちゃいました。

DSCN1044.jpg

DSCN1030.jpg

1・2番分岐のポイントが無くなり、国分寺線の慣れ親しんだジョイント音が同時になくなりました。。

DSCN1022.jpg

そして、屋根の一部が交換され、だいぶ空が見えるようになりました。
DSCN1033.jpg

細かいところですと、3番線(昔の3番線)の上にアスファルトが。
DSCN1026-2.jpg

これは地下改札化の絡みでしょうか。
DSCN1036.jpg

そして、この建機がすごい。
合体したかのような形貌。
DSCN1041.jpg

何がすごいって、この足の張り方。
この建機のリースは1日いくらするのでしょうか。。

グレーなので 「ねずみまる」 と名前を勝手につけてみます。
DSCN1043.jpg

この「ねずみまる」を駆使した工事が本格化するのでしょう。
駅舎も遠くない日に解体されそうです。

軽くネットで調べましたら、このクレーンは400トン超えの能力あるかもしれないです。
そして値段10億円ほど。 すごいすごい。。



    ~おまけ~
52席の至福で歌っていたシンガソングライター・谷修さんのライブに行ってきました。@江古田Buddy
今回は「ミノホドシラズ」 バンドとのコラボ。
DSCN1016.jpg
「ミノホドシラズ」 は西武鉄道社内では有名なバンドかもしれないですね。
なにせお二人ともが、西武鉄道の管区長。
なんて楽しそうな職場だ。。

Y本さんの歌声を今回はじめて聴いたのですが、本当に渋くて驚かされました。 

それにしても音楽って良いですね。
ギター弾ける男子はカッコよくてズルいなって思った次第です。

変わる東村山駅 | trackback(0) | comment(4) |


2017/05/01 (Mon) 旧1・2番線が変貌

DSCN0906.jpg

気が付くと東村山駅の旧1・2番ホームがこのような状態に変わっておりました。
DSCN0902.jpg

電光掲示板に何も表示されていないのが寂しい感じです。
壁ひとつで随分と雰囲気が変わってしまうものですね。

DSCN0905.jpg

現時点でまだ線路は残っておりました。

DSCN0909.jpg
次に東村山行くと、どこが変わってしまうんだろう・・。
早い変化に追い付いていけない感じです。

========撮影会準備=========

撮影会の準備も具体的になってきました。
車体四隅の切り落としの戻しや、各種レプリカ品の作成をしています。

高価ではありましたが、近江鉄道のモハ1塗料を購入。

DSCN0837.jpg

シンナーを少し多めにしてローラーで伸ばしていきます。
DSCN0857.jpg

赤も良い色です。本当は吹付専用塗料ですが、ローラーやハケでも何とかなります。
DSCN0847.jpg

一夜干し中です。 乾きが遅くてトラブルもありました。。
ペンキはしっかり乾かすという基本を痛感した次第です。
DSCN0867.jpg

色は本物と同じなので、肉眼ではわからないレベルでピッタリです。
当日、これをうまく貼れるか、、、プレッシャーですね。
DSCN0932.jpg

施工に関してもアドリブが利くようにあれこれ考え中です。
車体四隅のR処理が本当に難しそうです。
DSCN0922.jpg

側面も西武仕様にする為に、準備中です。
DSCN0915.jpg
こんな形のクッキーやポテトフライがあったら買っちゃいそうですね。


それよりなにより、大井川のE31が復活しそうですね。
何よりいま一番気になるニュースです。
どなたかE31で団臨やってほしいなぁ~。と、今回は他力本願です。


※今週中に撮影会参加者の方へは詳細メールでお送りする予定です。もう少しお待ち下さい。

変わる東村山駅 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

プロフィール

KUSU

Author:KUSU
21世紀も西武の赤い吊り掛け電車に恋するブログ。
赤電本線現役をギリギリ知ってる世代です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールはこちらから

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

バナーです↓ bn-551.jpg   西武時代の553Fの写真がございましたら、是非ご提供お願いします。