FC2ブログ
ひがしむらやま551// 
2019/11/30 (Sat) いよいよ地下改札へ

DSCF4443.jpg

東村山駅の地下改札化が本日(2019年11月30日)よりスタートしました。
同時に跨線橋は閉鎖されると告知されておりましたが、西武ファン感謝祭の臨時運用の関係で、乗り換え階段として同日夕方までは使用することができ、私も最後に跨線橋とお別れをしてきました。

DSCF4421.jpg

券売機や改札機は地下へ移動。
改札の外は出られずですが、カメラだけを向けると・・
DSCF4447.jpg
埃臭いというか、ついさっきまで誰かが居たような匂いがしました。
シーンとして時間が止まっている印象です。

DSCF4449.jpg
今日を最後にこの思い出の場所は見ることすらできなくなります。

DSCF4445.jpg
改札機の足元を見るのも貴重といえば貴重。

DSCF4444.jpg
あまり深い事は考えず、この場所を去りました。
既に、元の光景が失われた感じでした。

DSCF4432.jpg
ホームに降りると、また珍しい光景が。
2000系の西武園線がファン感謝祭の関係で、1番線発着6連となっており 3番に4連がお休みしていました。

DSCF4438.jpg
深夜帯以外、東村山駅でパンを下すことはないので、写真を撮っている方も多かったです。

DSCF4434.jpg
1番線に東村山行きが所沢方から入ることも、あんまり見ないです。
最近平衡感覚がないのか、写真が時々斜めになります(笑)


DSCF4463.jpg
地下改札への新しい階段、元の跨線橋が同時に空いているのは、今日だけ。
この後地下へ行きます。

DSCF4453.jpg
初めて地下改札とご対面。

通路狭い&階段がホーム1つにつき1つのみ。

DSCF4457.jpg
新宿線下り、西武園線、国分寺線を利用する人全てがこの狭い階段から列車を目指します。
ラッシュ時は大丈夫なのかと若干不安に。。

なんだかんだ、今日からついに村山は地下改札に。
いつまでも同じ光景って残ってくれないんですよね。

数年間はこの地下改札にお世話になる予定です。

変わる東村山駅 | trackback(0) | comment(5) |


2019/11/21 (Thu) いよいよ現駅舎の最後が。

KakaoTalk_20191121_1414433461.jpg

今月末、東村山駅の改札が地下化されます。
高架化工事は人目のつかない地下で着実に進行しており、新しい出入り口も姿を出したようです。

KakaoTalk_20191121_141442926.jpg

ポスト前が新しい地下改札への入り口で、まだ駅名表示は無く、緑の柵で閉ざされています。


KakaoTalk_20191121_141443821.jpg

私が生まれた時には既に現在の跨線橋駅舎でした。
かなり歴史を遡らないと東村山駅は地上改札時代にたどり着きません。
KakaoTalk_20191121_141427306.jpg

ここの改札/階段を何度利用して、何度走った事でしょう。。
入鋏ばさみをカチャカチャやってた時代から、551系や451系が走っていた時代からずっと利用してましたので、ここは一番思い出の詰まった駅である事は間違えないです。
ついに慣れ親しんだ光景も過去の物になろうとしてます。

KakaoTalk_20191121_141424492.jpg
ここで初めて切符を買った時は50円でした。(こども切符で所沢まで)

KakaoTalk_20191121_141424052.jpg
狭山そばから秩父そばへ変わりました。
秩父そば時代は短く、あっという間に閉店を迎えてしまいました。

KakaoTalk_20191121_141436924.jpg
ホームもここ1年で工事現場のような感じに変貌。

KakaoTalk_20191121_141437674.jpg
地下改札に通じる階段はこの辺りのようです。
所沢方ホーム先端にEVが設置されています。

KakaoTalk_20191121_141442472.jpg
この駅舎が撤去されると同時に一気に高架の工事が進むものと思います。
ガラッと景色が変わりそうですね。

KakaoTalk_20191121_141435561.jpg
俯瞰してみると、所沢方から高架が迫っている実感を得ます。

KakaoTalk_20191121_141446687.jpg
そして40000系が来ると、時代が変わってしまった事に気付かされます。

年末年始に東村山駅で撮影をする機会がありそうですので、来月以降どのように変化していくのかUPしていこうと思います。

変わる東村山駅 | trackback(0) | comment(2) |


2018/05/15 (Tue) 上り方跨線橋が消える

L1730549.jpg

東村山駅の高架化工事が着々と進んでいます。
3月に上り方跨線橋が撤去され、下り方は支柱が増えて高架の実感が増すばかり。


_EPS0440.jpg
少し前N101系が入線して話題になりました。
出来たら近江鉄道仕様のN101を多摩川線に返すまでこの路線に入らないかな~と。
とても狙いやすい運用ですし、写真もバンバン撮れます。
水色の車体を東村山で撮りたいです。。

L1730545.jpg
こちら上り方。

「あれ?なんかスッキリしたな。」
「・・・あ、跨線橋がないよ!!」

あれこれ変化が著しいので変化に気付くのにワンテンポ遅れます。
3月には無くなったそうです。


~おまけ~

先日、自転車無しでBBBASEに乗ってきました。
少しSFチックでお洒落な内装です。洗面台の配置の仕方など、かなり現場の意見を取り入れているような印象。
L1730500.jpg
固定できる自転車はかなり制約あります。実用車、ママチャリ、電動チャリなど全部不可でございます。

L1730503.jpg

窓の埋められた車両は、検測車のよう。

L1730491.jpg


L1730521.jpg


209系は10年寿命でデビューしましたが、既に25年。
ボディーは大丈夫なんでしょうか・・?
この電車が出た当時はバブリーでした。215系と901系で新時代を感じたものです。


ここからの乗り継ぎで、房総をほぼ一周したのですが乗った電車が全て209系。
ローカル地域で、この電車のロングシートはかなり辛いですね。
この209系も置き換えが決まっているので、地元の方はもう少しの我慢。


L1730506.jpg


しかし、千葉の房総半島は喉かです。
ひばりやツバメの声と蛙の声、駅前の水田。
この時期特にいいですね。

JRは房総観光列車がないので、遊ぶなら里山トロッコや伊勢海老特急ですね!

変わる東村山駅 | trackback(0) | comment(8) |


2018/04/15 (Sun) 高架の柱とツートン

L1730292.jpg

東村山駅所沢方。
姿を現して1か月ほどは経つのですが、いよいよ高架の橋脚が現れました。
嫌でも高架の実感がわきます。

L1730294.jpg

そこをツートンが。
このツートンが多摩川線から帰ってくる頃には、また東村山駅の様子も変わっていることでしょう。

L1730295.jpg


L1730298.jpg
249Fと旧2000系。
新宿線ならではの落ち着いたコンビ。

101系ワンマンのカラー変更はどこまで続くのでしょうか。
ひとまず4月後半からはツートンと赤電が居る多摩川線にGOしてみます。

もひとつ、来週の遠州鉄道のラストラン当選したので、最後の遠鉄吊かけ旅をしてきたいと思います!

変わる東村山駅 | trackback(0) | comment(3) |


| TOP | next >>

プロフィール

KUSU

Author:KUSU
21世紀も西武の赤い吊り掛け電車に恋するブログ。
赤電本線現役をギリギリ知ってる世代です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールはこちらから

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

バナーです↓ bn-551.jpg   西武時代の553Fの写真がございましたら、是非ご提供お願いします。