ひがしむらやま551// 
2015/06/12 (Fri) 鉄道と関係はありませんが、、

DSC07843.jpg

武蔵丘イベントも終わり、梅雨に入りましたね。

ちょうど昨日からGM旧2000系の改造を始めました。
外が雨なら、家で模型。 本当に久しぶりの鉄道模型に触れております。

先日、夢に旧2000系が登場したのですが、8+2連の後ろ2両がなんとステンレス。
デカ目ライトと合わせてとんでもないインパクトでした。
夢に西武線が登場するのはたまにあるのですが、ウソ電が出てきたのは初めて。
だいたいは701系とか401系がひょっこり現れ、「お!?まだ居たの?」という系の夢です。

GM旧2000系の改造とは、もちろん夢に出てきたウソ電の作成。完成したら紹介致します。

さて、ここで話がガラっと変わるのですが、鉄道趣味と並行して「古い自転車」についてのんびり語るブログをスタートしたので、お暇あれば覗いてみて下さい。
ひがしむらやま551//レトロ自転車萌え日記
全く鉄道と関係が無いのですが、古い乗り物好きであればどこか共感して貰える箇所があるかも?!

Profile | trackback(0) | comment(2) |


2015/01/01 (Thu) 今年もよろしくお願い致します。

IMGP5437480.jpg

2015年スタートしました。
今年は個人的には大変忙しく、また勉強が大変な年になりそうですが
趣味も昨年以上に満喫していきたいと思っております。

趣味仲間からも「何かイベントやれよ!」と言われているので
大小問わず、何かは企画すると思います。

皆様も仕事の合間を縫っての趣味活動と思われますが、
昨年以上に、趣味の上で興奮と感動がある1年になることを願っております。

本年もよろしくお願い致します。

元旦

Profile | trackback(0) | comment(8) |


2012/07/16 (Mon) 昭和を楽しむ

IMG_0931.jpg

暑い日が続いてます。
今回は少し息抜きします。

最近、自転車を購入いたしました。
新しく自転車を買うのはおそらく7~8年ぶり。

今回導入したのは1962年8月生まれの
まもなく50歳を迎える骨董品のようなチャリ。
1962年と言うと、まさに551系が造られていた年。

西武がやっと黄色&茶色から「赤電」になった時代です。
そう考えると、とてつもなく古い・・!


nare.jpg

現在はレストア中で、まだまだ修理する箇所が沢山あります。
でも、基本的には走れます。
25kgくらいあり、鉄の塊のように重たいのが昭和の実用自転車の特徴。いつもの感覚で自転車を持ち上げようとしても持ち上がらないくらい、それくらい重い。

乗り心地はとても重厚で、ゆったりとした速度のギア比です。
乗っている時間は、辺りの空気が急にセピア色になるような感覚。

ちなみに、この古い自転車にもマニアがたくさん居ます。
彼らがヨシとするのは1950年代の自転車。
それと比べると、かなり近代的デザインで、造りも簡略化されたモデルですが
しばらくこれでレトロな気分を味わいたいと思ってます。

dannrin-7152.jpg

それと、7/15には271Fを使用した団臨が池袋→秩父→所沢間で行われたようです。
最初この電車の乗車のお誘いも頂いたのですが都合により乗れませんでした。
友人から頂いたお写真、小さいですが掲載します。
帰路はオリジナルのヘッドマークをつけたようです。
東京都は広告の条例が厳しく、池袋→秩父は掲出を断念せざるを得なかった感じですね。
マークの不燃証明書や各種書類、それに伴う高額なお金と労力を惜しみなく注ぎ込めば、都内でヘッドマークも不可能ではないそうですが、そこまでやる団体さんは、今後もまず居ないと思います。

Profile | trackback(0) | comment(2) |


2012/05/09 (Wed) 赤電551系

CIMG0590.jpg

気が付けば、いろいろなサイトに写真がUPされていたので、そろそろこちらでも紹介します。
このブログの「ひがしむらやま551」と言うタイトルから、お気付きの方も多かったと思いますが、一畑電車から譲り受けたクモハ553のお面(出雲大社寄り)を、某所で大切に保管しております。

IMGP5639.jpg

GW最終日の先日、友人6名と夜間の撮影会を行ったのですが、これまでも最大で20人規模の団体が撮影にやってきたりと、数年に1度大量に人が押し寄せる場所となってしまいました。
ただ、都合上保管場所は非公開となりますので、ご了承頂ければと思います。

どうしても、と言う方は管理者のみ見れる設定でコメントをお願いします。
赤電を見たら涙してしまうと言うような熱い方には、むしろ絶対に見に来て頂きたいと思っておりますので。。

553-02.jpg

こちらが前面を切った直後のデハ61です。
残った側は当然、跡形もなく解体されてしまいました。
つい最近のようですが、2006年10月の事です。

IMGP5629_20120509155652.jpg

保存という大げさな物ではありませんが、重くたくて錆びやすく、しまいには朽ち果てる物を所有していると管理は想像以上に大変です。これまで2回、全塗装しています。

バタデン色→赤電化にあたっては、薮内塗料様に調色をお願いしました。赤電の塗料の破片から作った色です。
でも、残念ながら塗料の破片自体が色褪せており、独特の赤電色はまだまだ完全再現できていないと思うので、これからも色再現は追求します。(ベージュ色は先日伊豆箱根鉄道のV字に使用した塗料を使おうかと思ってます)



一畑でさよなら運転を撮影しに行って、確かその1週間後くらいには4tトラックで東京にやって来ました。

当時、解体のあまりの速さに驚いた記憶があります。
かれこれ、夏を無事に越せば6年になろうかと言うところです。

経年劣化や、毎年の台風や地震によって、だいぶ危ない状況になってますので大規模な修理が必須なんですが、なかなか忙しくて手が付けられません。油圧ジャッキやコンクリが必要なので、尚更腰が重い状況です。

偶然どこかで見つけても、暖かく見守って頂ければと思います。

Profile | trackback(0) | comment(8) |


| TOP | next >>

プロフィール

KUSU

Author:KUSU
21世紀も西武の赤い吊り掛け電車に恋するブログ。
赤電本線現役をギリギリ知ってる世代です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールはこちらから

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

バナーです↓ bn-551.jpg   西武時代の553Fの写真がございましたら、是非ご提供お願いします。